麻酔関係 » 包茎の痛み

痛みはどうなっているのか?

オペの痛みについて

手術中の痛みに関しては、麻酔をかけての治療となるので痛みの心配は
ありません。非常にデリケートな部分の手術となるので、十分に麻酔の用意はされています。
主に使われる麻酔は「表面麻酔」と「局部麻酔」で、これら2つを併用します。
これでも十分なのですが、意識は残っているのでそれが嫌な人は「静脈麻酔」
を使用することになります。こちらは一般的な手術に用いられる麻酔で、眠った状態での手術となります。

そうなると、気になるのは手術後の痛みでしょう。
麻酔が切れたときにはやはり痛みを感じます。皮膚を切っているのである程度
は仕方がありません。しかし病院から痛み止めが処方されますので、忘れずに
飲み続けていればそのうち痛みも治まります。
もし痛みが引かないときは医師に相談しましょう。

大抵の人は術後の痛みをそれほど苦痛に感じることはないそうです。

なのであまり深刻に考える必要はありません。

また皮を切除したことで、勃起時に皮が突っ張るような不快感を感じる場合
があります。しかし、医師の指示にしたがいケアを行っていけば1〜2週間で
慣れ違和感を感じなくなるようです。

術後しばらくの間包帯をまいた生活となりますが、圧迫感がある場合は
すこし緩めるようにしましょう。

アフターケアを怠ると合併症を引き起こす危険があるので
かならず医師の指示通りに行ってください。